「氣」の健康教室  活動報告
第 80 回 「氣」の健康教室 活動報告

日  程:H29年5月07日(日)13:00~16:00
場  所:氷見公民館
講  師:近藤裕一郎先生(心身統一合氣道会指導員・氣圧法認定者 参段)
参加者:5名


   5月の連休中とあって、今回は参加者が少なかったのですが、その分先生にマンツーマンでご指導していた
  だき有難いです。まだまだ意識しないとできませんが、自然にそうなっているように身につけたいものです。今
  回のテーマの臍下の一点にしずめる。いつもこの状態で居られたら人生最高でしょうねェ。
   今回はメモ用紙を紛失してしまいましたので、行った内容の項目を列挙いたします。
  それでは、本日の課業に入って参りましょう。
  【統一道】
    ・誦句集唱和
    五、臍下の一点
   天地は無限の半径で画いた無限の円周である。これを集約したものが我れであり、
  更に集約したものが臍下の一点である。
   我れは、天地の中心の一点を、下腹に包蔵しているのである。
   この一点に心をしずめて統一し、天地に向って無限の氣を発しよう。

 
  ・統一の印
  ・氣の呼吸法
  ・柔軟体操・後方転倒運動
  ・ワンネスリズム体操
  ・今回のテーマ ― 臍下の一点
     まず、正しい姿勢を確保することが大切である。正しい姿勢とは自然な姿勢であり、そこには自然な安定
  感がある。
  <正しい姿勢と臍下の一点、日常の動作>
   ・正しい姿勢と臍下の一点
   立姿、静坐、あぐら姿の統一
  ・日常の動作 ― すべての動作は一点から
   臍下の一点 = 上体の重みがかかる一点・天地の中心なる一点
   臍下の一点から動く(とらわれない自然な動き) → 全身で動く
    動作の時に一点から動くことを意識しながらすると、楽で姿勢がくずれない。そして強い。
    ○静坐で肩をつぶさせて立ち上がる。
    ○坐礼の背中をつぶす。坐礼から起き上がる。
     後ろから押さえさせて坐礼する。
    ○通せんぼさせて歩く。
    ○後ろから抱きつかせて歩く。
    ○後方に反って統一、前方に屈んで統一。
  【氣圧法】
     ・首、肩
      教本「氣と健康」身体のラインP83~87をご参照下さい。
  【合氣道】
   私一人でしたので中止、近藤先生に肩、腕の氣圧をしていただきました。