「氣」の健康教室  活動報告
第 85 回 「氣」の健康教室 活動報告

日  程:H29年10月22日(日)13:00~16:00
場  所:氷見公民館
講  師:近藤裕一郎先生(心身統一合氣道会指導員・氣圧法認定者 参段)
参加者:6名


   先月9月17日は台風18号の影響で暴風雨の中、教室を行いました。近藤先生は大阪へは帰れず、西条泊ま
  りでした。
   それが、まさか今月まで同じ破目になるとは・・・・台風20号の到来で、近藤先生が来られた電車が最後に
  JRはストップ。高松からの参加予定者2名は来られず。結局6名でしたが、近藤先生は来られましたので、無事
  教室を開くことができました。新しい参加者もあり、本当によかったです。近藤先生には感謝、感謝です。今回
  も大阪には帰れず西条泊まりでした。本当にありがとうございました。地域で予定されていたいろんな行事は
  中止とされる中、この氣の健康教室は2回とも聞くことができ、ラッキー!!積極的に取り組むことで道は開け
  ると思いました。
   それでは早速、本日の課業に入って参りましょう。
  【統一道】
    ・誦句集唱和
    十二、氣の体操法
   静中の統一は未だ易し。動中に尚統一を乱さざるが真の統一である。
   氣の体操法は、常住坐臥、常に心身統一を保持する為の運動である。
   これを日常万般に活用してこそ、総てに於いて人間最高の能力を発揮出来るので
  ある。

    日常の生活の中で使えないと意味がない。動きの中で心身統一を保持するための訓練法である。
   ・氣の意志法(統一の印)
   ・氣の呼吸法
   ・今回のテーマ ― 氣の体操法(ワンネスリズム体操)①
    まず、基本として統一体(自然体)であること。
    心身統一の四大原則
    一、臍下の一点に心をしずめ統一する。
    二、全身の力を完全に抜く。
    三、身体の総ての部分の重みをその最下部におく。
    四、氣を出す。
    の状態を立姿で確認する。新しい参加者に安定した姿勢、氣の出た状態を体感していただく。
    <氣の体操の五原則>
     一、臍下の一点を中心とした姿勢
      二、氣を出す姿勢
     三、伸び伸びする姿勢
     四、筋肉を感じない姿勢
     五、リズムを感じられる姿勢

  

    ワンネスリズム体操  動作の基本
     ○同じ動作を2回ずつ行う。
      1回だけでは心が身体に追いつかない。2回ずつ行うことによって心と身体が一体になる。すなわち
      統一体になるのである。
     ○屈伸
      立姿からストンと腰を落として自然に止まるところまで膝を曲げる。足先は自然に開いているが、曲げ
      た膝は前方に左右そろって出るのが自然。
     ○横に移動して屈伸
       右に移動する時は一歩横に右足を開いて右足の親指から着地する。左足を引きつけると同時に屈伸
      する。この時移動する方向(右)と反対側(左)に氣を送る。したがって身体は左側を向く。引きつけた
      左側の足の踵は少し浮く感じ。
     ○腕
      腕を自然に前へ出した時、肘は下を向いている。腕をピンと伸ばして出すと、肘は外側を向いている。
     ○腕を水平に開く(腕の開き方)
      左右の腕を水平まで真横に上げると、肩の筋肉に力が入ってしまい肩が上がる。これでは氣が滞って
      強くない(氣のテストで確認)。真横より少し斜め前に自然に上がる位置がある。そこでは力が入って
      いないので氣が通っていて強い。
       ワンネスリズム体操は動きの中で常に心身統一の状態を保持できるように訓練するものである。余
      分な力を抜いて氣が出っぱなしをイメージする。
       ワンネスリズム体操は全部で17種ある。今日はそのうちの一番目「両腕上下屈伸運動」を確認した。
     ①両腕上下屈伸運動
      指先から常に氣が出ていること。両腕を水平に上げてから自然に振り降すと身体のラインを超えると
      ころまで振れる。しかし、動作としては大腿の前で止める。これは停止ではなく、自然に振れることを
      イメージしながら静止状態である。
      両腕と屈伸の一連の動作において、氣の体操の五原則の四、筋肉を感じない姿勢であること。筋肉
      を感じる時は余分な力が入っていることであり、そこに氣が滞る。
      
  【氣圧法】
     井戸の呼び水のように、相手の身体に氣を送ることによりその人の治癒力(生命力)を高めてあげる。
    ・腰  Aライン ― 腰骨の上を押さえて下向きに氣を送る。
     教本「氣と健康」P94参照     
  【合氣道】
   5級の技
   ・ 片手交差取り呼吸投げ
   ・ 片手取り転換呼吸投げ