「氣」の健康教室  活動報告
第 96 回 「氣」の健康教室 活動報告

日  程:H30年9月9日(日)13:00~16:00
場  所:安藤ヨガ教室
講  師:近藤裕一郎先生(心身統一合氣道会指導員・氣圧法認定者 参段)
参加者:9名


   9月と言えば、今 西条では加茂川での「いもたき」の季節です。毎月 都会の大阪から来られる近藤先生に、
  加茂川河川敷、自然の中での舌鼓を味わっていただこうと思って、稽古の後のいもたき会を計画していまし
  た。が、今回も雨に降られてしまいました。残念無念。楽しみはまた来年までとって置きましょう。
   今回の誦句集「二十 ・ 陰徳」は近藤先生によって一番好きな言葉らしいです。私も同感です。教本「氣の実
  在」に載っていますが、藤平宗主が心身統一道に基づいて目標としてかかげられた「行修十訓」の中に「陰徳
  果報」があります。人の為に行っている積りなのにそれが報われなければ愚痴をもらす。そういう時、この文
  章を読み自分の不徳を反省しています。
   それでは本日の課業に入って参りましょう。
  【統一道】
    ・誦句集唱和
    二十、陰徳
   1を無限に縮小しても零にならぬ如く、一つの言動も、一旦発せられたる以上永久に
  消えることはない。
   善因善果、悪因悪果となって、必ず我が身にかえる。
   我が幸福、子孫の繁栄を願う前に、人の見ざる所、報いを求めざる所に善因を積まね
  ばならぬ。これを陰徳という。
   而して陰徳の最たるものは、天地の道を行じ、人を導いてこれを行わしむる事であ
  る。
    藤平宗主は最後に、正しいことを正しいと説いて人を導いていくことが最高の陰徳と言っておられる。
   ・ワンネスリズム体操
    DVDで練習した。
   ・今回のテーマ ― 合氣体操(一人技)
    一人でも稽古できるように、藤平宗主が一人技を考案された。
    それを基にリズムをつけて、よりリラックスして練習できるようにしたものがワンネスリズム体操である。
    今日は5種類の一人技を稽古した。実技を解説するのは難しいので、技名だけ記載しておく。どの技も
    全身の余分な力を抜いて、指先から氣が出ていることをイメージしながら行うこと。
    ・ 二教技
    ・ 小手おろし技
    ・ 三教技
     以上は手首を柔らかくする運動。
    ・ 一教技
     より強く氣が出るようになる。
    ・ 前後技
      自分の心をコントロールするのに、心の中のものを忘れてとにかく前後技をやって身体を動かす。
     心の切り替えに効果的である。
   
  【氣圧法】
   ・頭
    教本「氣と健康」P88~89をご参照下さい。A~Fラインまであるが、頭頂部は筋肉がないので、はっきり
   としたラインはない。Eはこめかみ、Fは頭蓋骨後頭部の最下端。
   Fラインの氣圧のし方について
    首から上に症状がある時は、だいたいFラインを氣圧する。
    左右片方ずつ、氣を出した指に頭蓋骨をのせてもらうにして、頭蓋骨の中へ氣を送るようなイメージで
    氣圧する。もう一方の手を額に添える。決して押さえつけてはいけない。押さえるとそれに抵抗しようと
    して首に力が入る。
  【合氣道】
     ・柔軟体操
      ・後方転倒運動
     ・木剣
      構え方
      剣の手渡し方
      剣技1の①上段からの振りおろし ②突き